公益財団法人佐賀育英会 松濤学舎

100周年記念事業

「佐賀の若者応援・次世紀プロジェクト」プレスリリース記事

佐賀県庁での公益財団法人佐賀育英会100周年「佐賀の若者応援・次世紀プロジェクト」プレスリリース(11/29)について新聞報道がありました。

プレスリリース佐賀新聞記事 ☞

公益財団法人佐賀育英会100周年事業 「佐賀の若者応援・次世紀プロジェクト」

「佐賀の若者応援・次世紀プロジェクト」
 次世紀に向け、ジェンダーレスを掲げ、時代を担う若者育成のための4つ
 のプロジェクトを掲げ取り組んでまいります。


<プロジェクト1>松濤学舎の男女共同化、ジェンダーレス化への転換
<プロジェクト2>海外留学支援の奨学制度の創設
<プロジェクト3>未来の若者「夢」応援事業の実施
<プロジェクト4>温故知新、100周年記念事業の実施

公益財団法人「佐賀育英会」100周年事業プレスリリース ☞
佐賀の若者応援・次世紀プロジェクト ☞

※次世代を担う若者の支援事業として、佐賀県の「ふるさと納税」「企業版ふるさと納税」の寄付対象事業として2021年9月1日~2023年3月31日まで寄付活動を開始しています。

佐賀育英会100年史(1921~2021)発刊のお知らせ

公益財団佐賀育英会は今年6月に創立100周年を迎えるにあたり、事業運営の歴史をまとめた「佐賀育英会100年史」(B5判207ページ)を発刊しました。同育英会初代総裁で佐賀藩第11代藩主鍋島直大侯爵、初代副総裁大隈重信侯爵から始まる歴史を語る貴重な資料となります。詳しくはプレスリリースをご覧ください。

「佐賀育英会100年史」プレスリリースは☞

佐賀育英会の創立100周年を迎え鍋島家の御墓所参拝

公益財団法人佐賀育英会は大正10(1921)6月の創立から令和3(2021)年に100周年を迎えます。大正・昭和・平成・令和のこれまで育英事業を継続できましたことは、鍋島家の多大なお力添えとご支援の賜物であり、100年の節目に感謝と敬意をこめて参拝することができました。
100年の歴史と伝統に基づく理念「次世代を担う人材の育成はいかなる時代においても重要である」に立ち、今後の育英事業に力を尽くす所存です。

佐賀テレビニュース 2/27(土)

CONTACT


  
    

松濤学舎は公益財団法人佐賀育英会が運営する佐賀県ゆかりの首都圏の大学で学ぶ大学生のために設置された学生寮(令和5年から男女共住開始)です。
《 2021年に創立百周年を迎え、次世紀に向け「佐賀の若者応援・次世紀プロジェクト」事業にとりくんでいます。 》

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP