公益財団法人佐賀育英会 松濤学舎

佐賀育英会 沿革

佐賀育英会 沿革

 公益財団法人 佐賀育英会沿革

 佐賀育英会は、大正7年、鍋島直大(佐賀藩11代当主)
 を総裁,大隈重信(外相、首相、早大創立者)を副総裁として
 発足。その後、大正10年に財団法人として認可されてから数え
 て、本年(令和2年)には99年の歴史を有する財団法人です。
 本会は、設立当初の大正7年に奨学金給付事業を、また大正10
 年には顕彰事業を実施、さらに大正13年からは東京に松濤学舎
(学生寮)を運営するなど逐次事業を拡大し、優良な学生の育英奨
 学や佐賀県教育の振興に寄与してきました。

≪2021年には、創立100周年記念を迎えます≫

 ◆しかし、昭和20年5月の戦火により渋谷区宇田川町の松濤学
 舎は消失。その後、昭和29年に渋谷区松濤町に新学舎を再建
 し、昭和46年小金井市に移転・新築をするが、平成2年同地
 に新しく松濤学舎を建て替えて現在に至る。
 現学舎の規模(3階建て延べ1,595㎡ / 48室)

 ◆この間、昭和22年から順次奨学金給付事業の停止の他、昭和
 46年には顕彰事業の中止など、主として財政上の理由により
 育英事業規模を縮小し、松濤学舎の運営に専念せざるをえない
 状況に至る。

 ◆平成4年、佐賀育英会は財団法人として70周年を迎え、財政
 基盤の安定化もあり、早急に育英会創立綱領の趣旨に基づく事業
 の展開を図るべく70周年記念事業として、まず、平成5年に顕
 彰事業を復活、さらに平成6年より奨学金給付事業を再開する。                        
《顕彰事業》  
  ◎教職員教育指導部門(毎年2名程度 平成30年度~休止中)
        小・中・高教職員の優れた業績を顕彰する

  ◎英語教育部門(毎年2名)
        スピーチコンテストでの表彰

  ◎職業教育部門(毎年40名程度)
        自己研鑽に努めた生徒の優秀な成績を顕彰する。

《奨学金給付事業》  
   毎年度、県内各高校から全国の大学へ進学する者2名に対
   して年額18万円の奨学金を4年間にわたって給付する。
   但し平成23年度からは基本財産・運用財産等の利金の急激
   な低下のため給付学生の採用を休止している。
   平成6年度~平成26年度までに奨学金給付対象者は41
   名に達している。

 ◆平成13年には、財団法人80周年記念事業として、IT化時代
 に対応した寮内ネットワークシステムを整備するとともに、
 インターネット上に佐賀育英会のホームページを開設。
 

 ◆平成23年、公益財団法人として認可を受ける。

佐賀育英会                           初 代 総 裁 鍋島直大(左)               初代副総裁 大隈重信(右)
昭和29年 松濤学舎(渋谷)
昭和46年~平成元年 松濤学舎 (小金井市)
平成2年~ 松濤学舎 (小金井市)

CONTACT


  
    

松濤学舎は公益財団法人佐賀育英会が運営する佐賀県ゆかりの首都圏の大学で学ぶ男子学生のために設置された学生寮です。
《 2021年には    
  創立百周年を迎えます 》

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP